峰山町観光協会公式ホームページ | WELCOME to Hagoromo Station's WEB

羽衣ステーション

てくてくわがまち

2018年08月23日(木)

hpDSC_0144hpDSC_0020hpDSC_0118「てくてくわが町再発見」と題して峰山の名所旧跡を訪ねる催しは、ことしで19回を数えます。峰山町内にある身近な宝物を訪ねることで、町の歴史を知り活性化に役立てようとする取り組み。今回はこまねこまつり実行委員会と共催して、小西山禅定寺と安区にある稲代吉原神社を訪ねました。片道3.5キロのてくてくウオークです。
小西山禅定寺は、丹後ちりめんの始祖・絹屋佐平治さんが、本尊である観音様に二度にわたり断食祈願したことで知られています。丹後ではじめてちりめん織りに成功した佐平治さんは観音様に感謝し、丹後ちりめんの第一号をお寺に寄進しましたが、その貴重な織り初めちりめんを見せていただきました。また、特別に小西山縁起という巻物も見せていただきました。制作は江戸期のものですが、今回はこの縁起よりずっと古く室町時代に作られた縁起(=歴史書)のあったことが紹介されました。「これが残っていたら重文クラスの貴重品なのですが」。今回の案内役、NPO法人の小山元孝さんの弁です。お寺を再興するため各地で勧進(=寄付を募ること)が行われましたから、お寺(当時は真言宗の善城寺)の歴史を紹介する縁起が必要だったのでしょうか。
このあとは徒歩で峰山の街中を目指しました。距離はおよそ3.5キロ。小西川に沿った道を下ります。途中、安区内にある稲代吉原神社に立ち寄り本殿内部を見せていただきました。金刀比羅神社ができる前は、京極の殿様や峰山の商家も篤く信仰したと伝わる社殿は江戸期に建て替えられたもので、木材の組み方や飾り彫刻が見事です。正面にある竜虎の彫り物はよく見られるものですが、虎は実に愛らしい表情をしています。「江戸期の彫り師は虎を見たことがなかった。おそらくは猫をメデルにしたのでしょう」。強いものの代表としての虎ですが、愛嬌たっぷりに参拝者を迎えてくれます。
スタッフを含めると総勢35名となったてくてく一行。市の観光協会からの参加や支援を得て、ストックを手に流行のノルディックスタイルで歩かれる参加者も多くありました。黄色く色づいた田んぼや澄み渡る青空は、実りの秋の一歩手前。田畑には区役でしょうか、地域の皆さんが大勢作業をされていて、てくてくの一向に声を掛けてくれます。「どこから来なったん?」「今日は何しですか?」。地域の人との会話や農村風景を楽しみながら、のどかな「てくてくウオーキング」となりました。

2018年07月22日(日)

こまねこウォーク羽衣ステーションとこまねこまつり実行委員会が共催して、8月19日に「てくてく我が町再発見」が開催されます。こまねこまつり的には第2弾の「こまねこウオーク」行事。もうすぐしたら京丹後市内のエリアに募集チラシが配布されると思いますが、定員は30名としていますので、お早い目にお申し込みください。

今回のてくてくのテーマは、「丹後ちりめんのルーツをさぐる」。マイクロバスで小西山禅定寺を訪ねた後は、徒歩で下り安区の稲代吉原神社に立ち寄ります。歩く行程は約3.5キロ。最終は集合出発場所の金刀比羅神社へ戻ります。参加費は500円ですが、傷害保険の加入費や当日、金刀比羅神社で開催中の「手づくり市お買い物券」も含まれます。お茶などは各自でご準備ください。

集合は午前8時、金刀比羅神社境内へ。午前10時半には全行程を終了する予定です。

2017年09月12日(火)

hp20190911_25710 hp20190911_25667 hp20190911_25695 hp20190911_25739 hp20190911_25773こまねこ祭り実行委員会と羽衣ステーションが共催して、「こまねこウオーク」が9月10日の日曜日に行われました。「これまで「てくてくわがまち」と銘打って、峰山町内の名所旧跡を訪ね歩いてきましたが、その流れの中で、今回は狛猫や丹後ちりめんに関連した名所を訪問したものです。20名の募集に対し参加者は34名。秋の強い日差しが照り付ける中、スタッフを加えると50名あまりの「てくてく一行」が、狛猫の金刀比羅神社、ちりめんの吉村商店さん、そして与謝野鉄幹や晶子がくつろいだ桜山荘を訪ね歩きました。案内はボランティアの小山元孝さん(網野町)です。金刀比羅神社では脇坂宮司さんも案内に立っていただき、京極の殿様が奉納された青銅の灯篭などもみせていただきました。また、「こまねこウオーク」のもとになったあ・うんの猫の石像についても詳しく解説していただきました。あ像は鱒留の名工・長谷川松助の作で、大宮町平地に立つ地蔵尊像より一年前に彫られたようです。桜山荘は昭和2年の丹後大震災でも倒壊しなかった数寄屋風の名建築で、京都市内から大工さんを招聘して建てられた由。屋根にはシビが上がっており、これは奈良の唐招提寺などと同形の沓形(くつがた)。びっくりします。広い和室から眺める庭の先には大江山などの峰々、近くには久次岳や小西の来迎山がどっしりと腰を据えています。「周りの樹木が低かったころは、広々とした中郡平野が見渡せ、その中を国鉄の小さな車両が走っていたものでした」。懐かしそうに語る人もありました。

今回は丹後ちりめんに関わりのある施設を訪ねましたが、今でも残る三角屋根はちりめん工場独特のもの。吉村機業さんの工場を外から眺めました。「大きなノコギリの刃に似ていることから、ガンド屋根とも呼ばれていますよ」。小山さんの解説です。「ガンドってなあに?」。「大きな織機を入れるための形じゃない?」。「いえいえ、工場内の空気を入れ替えるのに必要な構造でしょうよ?」。議論百出。どの場所もどの施設も珍しく、また歴史という長い年月を潜り抜けて今日まで維持されてきたもの。詳しい解説に耳を傾けながら、みねやまの街の歩みに思いを馳せたひとときでした。

カテゴリー:てくてくわがまち

2016年10月03日(月)

20181002_15963 ことしの「てくてくわがまち」は、健康ブームで一躍クローズアップされているノルディックウオーキングを取り入れた峰山の街歩きです。市の観光協会と一緒に取り組みます。少しハードな「てくてく」で、丹後文化会館駐車場に集合したあとは、ポールを手に金刀比羅神社、震災記念館などを巡ります。およそ3.5キロを1時間30分で歩くことになりますが、金刀比羅神社では恒例の「手づくり市」が開かれていて、お店を覗きながら休憩、休息もできます。また震災記念館では、丹後のジオパークについて説明も受けます。

参加費は500円。先着30名としていますので、ふるってご参加ください。申し込みは羽衣ステーション事務局まで(TEL0772-62-8560)。

2015年10月23日(金)

hp20171018_2777hp20171018_2796hp20171018_2769hp20171018_2757      ことしの「てくてく我が町」は、10月18日(日)に開催されました。たくさんの方にお申し出いただき、50名あまりのハイカーが丹波地内をてくてく。まぶしいほどの秋晴れにも恵まれて、施設見学をしながらのハイキングを楽しみました。講師は、長岡の嶋田信行先生です。赤坂の今井墳丘墓、橋木の縁城寺、矢田の長安寺、そして最後に丹波の多久神社と盛りだくさんの名所・旧跡を訪ねました。縁城寺では折良く宝物の虫干しを兼ねた展示会を開催されていて、住職さんから楽しいお話しも聞かせていただきました。丹波の多久神社は、かっての丹後王国の中心地にある神社で、丹後王国の精神的な柱であったトヨウケの大御神をお祀りしている神社。その背後には延長100メートルを超える前方後円墳を抱えていることからみても、古くて由緒のある地であることが分かります。

当日のスナップ写真を掲載してみました。次年度の開催場所は未定ですが、多くの皆さんにご参加いただいて、町の良さを再認識していただきたいものです。

 

 

 

ページの先頭へ